2022/05/11(水)第8回戦

北海道日本ハム vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2 5 3
  北海道日本ハムファイターズ 2 3 0 0 0 0 0 0 X 5 12 0

18:00試合開始|札幌ドーム
第8回戦 6勝2敗0分|観客数:10,308人

中盤に追い上げるも、序盤の失点が響き黒星

6回のピンチを抑えた張投手
7回に登板した比嘉投手
8回のマウンドに上がった黒木投手

バファローズの先発は前回登板同様、中5日で登板のワゲスパック。
ワゲスパックは初回、いきなり満塁のピンチを作ると、押し出しと味方守備のミスで2点を失う、
続く2回には、F清宮とF野村から連続タイムリーを浴び、序盤で5点のリードを許す。

序盤から追いかける展開となったバファローズ打線は5回、バレラ、紅林の連打から一死2,3塁のチャンスを作り、内野ゴロの間に1点を返す。
6回には頓宮が犠牲フライを放ち、5-2と徐々に点差を縮めていく。

バファローズは6回から継投策に入り、張、比嘉、黒木がそれぞれ1イニングずつ抑え、打線の得点を待つ。

なんとか追いつきたい打線は、8回に好機を作るも得点には至らず。最終回も3人で打ち取られ敗戦となった。

◇ 中嶋 聡 監督

「ワゲスパックは、今日は内容的にも、ボールの扱い的にもあまりよくなかったですね。ランナーが出てからのクイックもそうですが、そういったものをやっていかなければ自分が苦しむだけなので。それができて、初めて自分のピッチングに専念できると思います。
打線は、チャンスのところでのあと一本というのは、見ての通りだと思います。それが出ていたら点が入るわけですから。
選手は、勝ちたい姿勢といいますか、負けたらそれがないとかいうことではないので。結果が出なかったらそう思われますし、それは仕方のないことですけど、やってくれてはいると思います。」

◇ ジェイコブ・ワゲスパック 投手

先発のワゲスパック投手

<先発5回を投げ、被安打9、失点5>
「立ち上がりから球数が多くなってしまったし、難しいピッチングになってしまった。2アウトからファールで粘られて勝負を決めきれなかったりと、大事なところを抑えきることが出来なかった。」