2016/07/23(土)第14回戦

北海道日本ハム vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 0 0 0 1 0 0 1 1 0 3 8 0
  北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 0 0 0 6 0 X 6 7 0

14:00試合開始|札幌ドーム
第14回戦 4勝10敗0分|快晴|観客数:31,506人

6回まで好投のディクソンが突如崩れ痛い逆転負け

先制の足掛かりとなる安打を放った安達選手
貴重な適時打を放った若月選手

Bsは4回、1死から安達がチーム初安打を放ち出塁すると、続く糸井の打席でエンドラン。鋭い打球がレフト線を転がると、スタートを切っていた安達が一塁から生還、鮮やかに先制した。
先発・ディクソンは立ち上がりから安定した投球を披露し、6回まで2安打8奪三振無失点とほぼ完璧にF打線を封じ込める。打線も7回に先頭のボグセビックがフェンス直撃の3塁打を放つと、1死後若月がセンター前へタイムリー。1点を追加し勝利を引き寄せたかにみえたが、直後の7回裏ディクソンが突如乱れる。
2本の安打と四球で1死満塁のピンチを招くとF代打・矢野に対し痛恨の押し出し四球。リズムを崩し続くF大野に逆転の適時2塁打を許したところで無念の降板となった。その後救援陣も打ち込まれこの回だけで6失点。8回大城の適時打で1点を返すが反撃及ばず痛い逆転負けを喫した。

◇ 福良 淳一 監督

「ディクソンは7回だけ。いいところにボールは決まっていたんだけどね。なんとか明日。1つ勝たなければいけない。」

◇ ブランドン・ディクソン 投手

7回途中5失点だったディクソン投手

<先発6回1/3、被安打5、失点5>
「申し訳ないが、今日は、話せることがない。」

◇ 糸井 嘉男 選手

先制適時打を放った糸井選手

<4回1死1塁からレフト線を破る先制タイムリー2BHを放つ!>
「なんとかタイムリーになってくれてよかったです!」